慰謝料

車1

交通事故における損害賠償は、被害者が受けた身体的な被害に対してのみ行なわれるわけではありません。

被害者が事故で受けた精神的苦痛に対しても、金銭が支払われているのです。

この精神的苦痛に対して支払われるお金が慰謝料であり、被害者は加害者に対して請求を行なうことが可能です。慰謝料は入通院慰謝料、後遺症慰謝料、死亡慰謝料に大別されています。

入通院慰謝料は負傷した場合の慰謝料です。事故のせいで通院または入院をした場合に、被害者が加害者に対して請求を行なうことが可能な慰謝料です。後遺症害慰謝料は、事故のせいで被害者に後遺症が残った場合に、被害者が加害者に対して請求を行なえます。

むち打ち、手足のしびれ、足を動かせないなど、さまざまな後遺症が対象になります。そして死亡慰謝料ですが、事故のせいで被害に遭った方が命を落としてしまった場合の慰謝料です。この死亡慰謝料の請求は被害者本人は亡くなってしまっているため、当然することはできません。

したがって、この慰謝料の請求は被害者本人にかわって、遺族の方が行なうことが認められています。なお、死亡慰謝料は命を落とした被害者本人に対してのものと、遺族の方に対してのものとに大別されます。

関連:消極損害