交通事故の損害賠償

交通事故で人にケガを負わせたり命を奪ったりした場合に、加害者が被害者側に対し、金銭の支払いによって償いをすることを損害賠償といいます。交通事故における損害賠償は、積極損害、消極損害、慰謝料に大別されます。

診断このページでは簡単に損害賠償の特徴を解説させていただき、詳細は別のページにまとめていますが、積極損害というのは、事故のせいで出さざるを得なくなったお金の損害です。治療にかかった費用、病院通いでかかった費用、被害に遭った方が命を落とした場合の葬儀費用などが積極損害には含まれます。次に消極損害ですが、事故の被害に遭っていなければ得ることができていた利益の損害のことをさします。事故で仕事を休むことを余儀なくされた場合に請求する休業損害、事故被害での負傷で後遺症が残り、労働能力落ちた場合に請求する逸失利益などが消極損害に含まれます。そして慰謝料ですが、事故で負った精神的苦痛に対し支払いが行なわれる費用です

実際の交通事故では加害者側と被害者側が話し合い、上記の損害項目を全部合わせた合計額のことをさす示談金やその支払い方法を決める、示談での解決が多いです。示談金の算出方法は最低限の保障を目的とした金額の算出法である自賠責保険基準、任意保険会社が独自に設定した任意保険基準、蓄積した裁判例の金額に基づいて算出される裁判所基準があり、裁判所基準が最高額になるのが普通ですが、加害者の任意保険が提示してくる示談金は裁判所基準を大きく下回る任意保険基準です。裁判所基準での示談を望む方は、専門的知識を持たない一般の方では実現がきわめて困難なため、弁護士に相談・依頼しましょう。


参考・・・交通事故慰謝料について相談する

Pocket