消極損害

消極損害は交通事故の被害を受けなければ、その被害者が獲得することができた利益の損害です。たとえば、交通事故で治療を受けなければいけない状態になり、その治療のために仕事を休むことを余儀なくされる場合があります。仕事を休まなければいけなくなるということは、被害者にとっては収入の減少という不利益が出てしまうことになります。この損害のことを休業損害といい、加害者が金銭の支払いを行なうことによって収入の減少を穴埋めする形になるというわけです。

事故消極損害としてはほかにも、後遺症による逸失利益をあげることができます。交通事故被害に遭ってしまったことで負傷し、そのケガが事故に遭う前の状態まで完全に戻ることもありますが、残念ながらそこまでよくなってくれないことがあります。治療を受けても完全によくなれず、機能障害などが残ってしまうことがあります。このような治療後にも被害者に残り続ける異常のことを後遺症といいます。中には後遺症のせいで労働能力が落ちてしまう方もいます。

交通事故の被害に遭わなければ十分に遭った労働能力の低下は、収入ダウンに繋がるなどの不利益につながります。このような被害者になっていなければ獲得できた利益の損害のことを逸失利益といい、加害者に対して請求を行なうことができます

Pocket